2022年4月14日木曜日

いまい皮フ科では医療事務を募集しています

いまい皮フ科(大阪市福島区)では、来院される患者さんが増えてきたため、医療事務の増員を募集しています。クリニックがオープンして4ヶ月経過しましたが、オープンしてからスタッフが誰も辞めておらず、たいへん雰囲気の良い職場です。なお、毎週木曜日は院長の今井が兵庫医大で外来または研究を行っているためお休みとなり、土曜日午後と日曜日もお休みですので、週休2.5日制の職場となっております。




皮膚科は未経験でも大丈夫ですが、保険請求(レセプト)の知識がある方を歓迎致します。なお、パナソニック(PHC)の電子カルテを導入しております。

詳しくはhttps://imaihifuka.com/recruit/をご覧ください。


また、応募される方は、こちらのサイトからご連絡ください

ご応募お待ちしております。よろしくお願い申し上げます。

 

2022年4月2日土曜日

今井が責任著者のアトピー性皮膚炎の論文が国際雑誌に掲載されました。

アトピー性皮膚炎の治療薬であるデュピルマブ(デュピクセント)は、B型肝炎陽性の患者に投与できるのか?を検討した論文です。現状では、バイオ製剤外来ではB型肝炎陽性であってもデュピルマブの投与は問題なく行っております。この論文の症例は、すべて兵庫医大でデュピルマブを導入した症例になります。

JCIA (5)2, 65-66, 2022 (https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/cia2.12209)

Dupilumab in atopic dermatitis patients with chronic hepatitis B

2022年3月8日火曜日

今井が責任著者の皮膚リンパ腫とSingle cell RNA-Seqの論文がAJDに掲載されました

 Single‐cell RNA sequencing of mycosis fungoides reveals a cluster of actively proliferating lymphocytes

http://doi.org/10.1111/ajd.13794

開業してから頑張った論文第1弾です(今井:責任著者)。菌状息肉症の細胞を単に Single‐cell RNA sequencingして、高発現していた分子を免疫染色で本当にそうなのか蛋白レベルで確認したという論文です。まあ、単にやっただけという気がしますが・・・。

同じSingle‐cell RNA sequencingでも、例えばこちら(https://www.nature.com/articles/s41586-022-04461-2)の美しい論文では、不老不死についての研究というか、若返りが細胞レベルで解析されておりまして、Single‐cell RNA sequencingもいろいろ使えるようです。



2022年2月6日日曜日

今井の講演がオンデマンドで視聴できます

アトピー性皮膚炎治療の新時代外用治療薬の位置づけを再考するー


いまい皮フ科院長、兵庫医科大学非常勤講師の、今井です。

日経メディカルで、今井の皮膚科医向けの講演(30分)が視聴できます。オンデマンドなのでいつでも聴いていただけます。なお、視聴には、日経メディカルのIDが必要です。

 https://medical.nikkeibp.co.jp/mreach/edetail/movie?pcd=eptp015&rf=pa


ちなみに、リアルでなくWeb講演会を収録しても、なかなか上手くいかないな、というのが本音です・・・。また、講演に含まれるの研究成果について、共同研究者の先生方に御礼申し上げます。


この講演で解説している、当科の2021年に発表した論文(今井が筆頭著者または責任著者):

Imai Y, Kusakabe M, Nagai M, Yasuda K, Yamanishi K. Dupilumab effects on innate lymphoid cell and Th cell populations in patients with atopic dermatitis. JID Innovations,1:100003,2021  doi.org/10.1016/j.xjidi.2021.100003

 

Nakatani-Kusakabe M, Yasuda K, Tomura M, Nagai M, Yamanishi K, Kuroda E, Kanazawa N, Imai Y*. Monitoring Cellular Movement with Photoconvertible Fluorescence Protein and Single-Cell RNA-Seq Reveals Novel Cutaneous Group 2 Innate Lymphoid Cell Subtypes Circulating ILC2 and Skin-Resident ILC2. JID Innovations,1:100035, 2021 (* corresponding author)

 

Matsutani M, Imai Y*, Inoue Y, Nakatani-Kusakabe M, Natsuaki M, Yamanishi K, Kanazawa N.

Effectiveness and safety of tacrolimus ointment in combined with dupilumab for patients with atopic dermatitis in real-world clinical practice, J Dermatol, 48(10):1564-1568, 2021 (* corresponding author)

 

Kunimoto M, Imai Y*, Matsutani M, Nakatani-Kusakabe M, Nagai M, Natsuaki M, Yamanishi K, Kanazawa N.Evaluation of long-term disease control with dupilumab therapy using the Atopic Dermatitis Control Tool in real-world clinical practice, J Cutan Immunol Allergy, in press (* corresponding author)


Matsutani M, Imai Y*, Nakatani-Kusakabe M, Natsuaki M, Yamanishi K, Kanazawa N. Dupilumab in atopic dermatitis patients with chronic hepatitis B, J Cutan Immunol Allergy, in press (* corresponding author)



2022年1月31日月曜日

兵庫医大の緊急以外の入院中止について

兵庫医大では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、1/31(月)現在、 予定入院、予定手術をすべて中止しています。なお、外来は通常通り行い、緊急入院、緊急手術は例外です。

この感染拡大に伴い、2/3(木)の兵庫医科大学の今井の乾癬外来の受診を控えられる方(実際の来院をしない方)は、電話再診が可能です。外来受付時間2/3(木)10:00から12:00の間にお電話していただけますと、電話再診で処方箋の郵送が可能です。電話再診のご検討もお願いします。

2022年1月28日金曜日

今井がLast authorの、IgG4関連疾患に関する論文が公開されました

いつもお世話になり、ありがとうございます:

Gon J, Takemori C, Fujiwara S, Hirota S, Imayama S, Imai Y. A case of skin ulcer on the lower leg diagnosed as primary IgG4-related skin disease.

Eur J Dermatol 2021; 31(5): 1-3 doi:10.1684/ejd.2021.4151



2021年10月1日金曜日

開業のご挨拶

 


長年続けてきたアトピー・乾癬外来ですが、2021年10月から、担当医である今井医師が兵庫医科大学を非常勤となり、阪神電車の野田駅(野田阪神)で皮膚科クリニックを開することに伴いまして、兵庫医科大学病院における診察枠は月2〜3回(毎週木曜日、不定期、原則1.3.5週のみ)に減った状態ですが、続行しています。

野田阪神駅前いまい皮フ科については、2021年12月から開院し、乾癬の患者さんにたくさん来院していただいております。乾癬の専門的な診察をご希望の患者さんは、お気軽に、野田阪神駅前いまい皮フ科にお越し下さい。

なお、乾癬やアトピー性皮膚炎のバイオ製剤は、引き続き兵庫医科大学病院で投与を継続して参ります。引き続き、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします。