皮膚科医の派遣依頼

<病院・クリニックの院長先生へのお知らせ>

皮膚科医師をお探しの方へ

現在阪神間では皮膚科の勤務医不足(一方で開業医は過剰競争)となっている関係で、医局からの他院への新規医師派遣依頼受け付けを、一時中断しております。現在の倍くらい患者さんが来ても大丈夫というクリニックが多いようですので、患者さんの偏在の解消が地域医療の課題の一つかと考えています。

下記のようなご要望は、お気軽に当科へご相談ください。

1)皮膚科クリニックだが、患者数が多い曜日(時間)だけ応援に来てほしい。
2)地域に根ざした病院だが、患者サービス充実のため、内科が終わった後に皮膚科の夜診を追加したい。
3)療養型病院だが、週に1回、皮膚科の往診に定期的に来てほしい(褥瘡回診など)。
4)皮膚科クリニックの代診を一時的に頼みたい(スポットの代診)。



民間医師派遣会社と医局派遣の違い

1) 高額な契約手数料(年俸の20-30%等)が不要です。
2) 入院が必要な場合は、本院でバックアップできます。病診連携がスムーズです。
3) 医局によって医師の質が担保され、診療が安定します。


当科は、敷居の低い医局を目指しております。
お気軽に、担当(医局長)の 今井 までお問い合わせください。

ikyoku”あっと”dermatology.network

です。”あっと”は半角の@に変えてください。

なお、メールアドレスのウェブサイト掲載による迷惑メール増加のため、定期的にメールアドレスを変更しております。宣伝メールは事務員レベルで消去され、医局長には転送されません。あらかじめご了承くださいませ。メールの返事がない場合は、お手数ですがお電話でお問い合わせくださいますよう、お願いします。



※患者さんへのお願い
メールで皮膚炎の相談をされましても、メールだけでは責任のある回答をすることができません。かかりつけ医に紹介状を作成していただき、実際の受診をお願いします。