2020年11月21日土曜日

バイオ製剤投与中にインフルエンザワクチンは投与可能です。

 アトピー性皮膚炎、乾癬に関わらず、バイオ製剤投与中にインフルエンザワクチンは投与可能です!

不可能なのは、生ワクチン(風疹麻疹MR、水痘、おたふく、BCG、ロタ)だけです。

http://blog.dermatology.network/2019/02/blog-post_19.html

不活化ワクチン(インフルエンザなど)は、いつでも投与可能です。


(以下蛇足)

・・・話は変わりますがコロナウイルスのワクチンは、mRNA製剤なので、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に含まれると予想されており、国内で適合すると評価されないうちに海外で認可された新ワクチンを持ってきて患者さんに投与すると法律違反(1年以下の懲役または100万円以下の罰金)になると考えられます。明治39年(1906)に制定された医師法における医師の裁量(自由診療は事前規制しない)は既になくなっており、この「再生医療等」の「等」に含まれる薬剤に関しては、海外で認可されていたとしても、勝手に投与してはいけないということになっています。


2020年11月18日水曜日

えいご皮フ科 西宮院の年末年始休診日のお知らせ

えいご皮フ科 西宮院の年末年始休診日のお知らせです。
12月26日(土)〜1月4日(月) 

よろしくお願い申し上げます。

(追記)
なお、上記の日程でお休みとなる近隣の皮膚科が多いこともあり、兵庫医科大学の12/28月曜と1/4月曜の外来ですが、特に今年は、緊急入院を希望する重症患者の対応などで、非常に長い待ち時間(3〜5時間)となることが既に予想されます。できるだけこの年末年始の受診を避けていただけますよう、お願い申し上げます(5時間待ちの例:受付締切時間である11時に受診した患者さんの診察開始時間が16時くらい)。なお、午前の診察が夕方5時までに終わらずに御迷惑をおかけしたことが過去にありましたのが、今年は特にそうなる可能性が高いと予想しています。できるだけ再診予約を減らし、初診の方(緊急入院希望の方)を受けられる体制にしたいのですが、例えば発熱している患者さんは新型コロナウイルス対策をしたうえで診察するなど、例年以上に1人あたりの診察に時間がかかっておりますので、ご理解のほどお願いいたします。(兵庫医科大学皮膚科外来医長)


2020年10月4日日曜日

来週の学会の講演(膿疱性乾癬)を事前収録しました!

えっと、ばらしていいのか分かりませんが、実は録画という話です(笑)。

昨今のコロナ禍のせいで、残念ながら来週の中部総会はWeb開催となってしまいましたが(岐阜行きたかった・・・)、リアルタイムで放送してエラーがあるといけないということで、1週間先に事前に講演と座長との質疑応答を事前収録しました。膿疱性乾癬の実際の症例(実臨床)について知りたい方はぜひご覧下さい。Zoomで座長とのやりとりごとまとめて録画という新形式になれない中、ちゃんとできたか不安ではありますが、オチとしては講演後の質疑応答で、座長の金澤主任教授と演者の今井のトークが盛り上がって収録時間を突破してしまい(笑)、後で編集することになりました(カットされているかもしれません(笑)。また、同時に座長を務めて頂いた清島 真理子先生に、この講演の機会をいただきましたことに厚く御礼申し上げます。ちなみに、清島真理子先生のほうが膿疱性乾癬のGMA治療というのは有名であるにもかかわらず演者はなぜか私だったわけですが、当院の膿疱性乾癬のGMA症例を網羅的に講演する小生の内容に対して、ほぼ清島真理子先生と治療に対する考え方が一致していたので安心しました。膿疱性乾癬は非常に珍しい病気なので、やはり学会で情報交換することが普段の診療を続けていくことで必須と感じました。

なお、私は前座で、後半の大久保ゆかり先生の講演(こちらがメインです)が非常に面白かったです。せっかくのWeb開催ですので、しっかり参加しようと思います。


2020年8月4日火曜日

皮膚科外来混雑のお詫び

外来医長の今井です。

現在、診察に時間がかかる患者さんのご紹介が増えて、待合室が混雑したり、待ち時間が非常に長くなっており、誠に申し訳ありません。特に紹介状があっても初診予約が無い方は、待ち時間が3時間以上かかる日や、その日のうちに診察が難しい、または担当医が不在ため、後日に再来院をお願いすることがあります。

紹介状だけを持参されるのではなく、初診予約をお取りの上、来院してくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。初診予約は、紹介元の皮膚科クリニックで可能です。

また、診察をお急ぎの方や軽症の方は、まずは山西清文前教授が院長になりました「えいご皮膚科西宮院」や、今でも兵庫医科大学で皮膚外科の手術をされております羽田皮膚科、前明和病院皮膚科の栗木皮膚科など、近隣の一般の皮膚科クリニックを受診していただければ幸いです。

特に、「えいご皮膚科西宮院」では、オンライン診療にも対応しておりますので、ご利用下さい。

2020年7月9日木曜日

山西先生の休診のお知らせ(えいご皮膚科西宮院)


前主任教授の山西清文先生が院長のえいご皮フ科 西宮院の夏季休診日が決定しておりますので、お知らせ致します。 

休診日:88土曜日〜8/16日曜日

なお、大学病院の外来は休診日はございません。

2020年5月26日火曜日

手術再開・診療体制が元に戻ることのお知らせ


先生方へお知らせ


皮膚科も通常体制での診察に戻ります

・悪性腫瘍ではない手術はすべて延期としておりましたが、緊急事態宣言が解除されたことに伴い、良性疾患の手術も通常体制で行います。また、乾癬やアトピー性皮膚炎のバイオ製剤も、以前と同様に、導入ができるように戻ります。

・外来受診時はご自宅にて体温を測定し、発熱等、以下の症状がないことを確認し、必ずマスクを着用のうえ、ご来院いただきますよう、ご指導のほど、ご協力よろしくお願いいたします。


患者さんへ

緊急事態宣言中の再診予約を6〜7月に延期した患者さんが多いため、既にかなり予約が多い状態となっています。したがって、初診の方は、まずは一般の皮膚科(えいご皮膚科西宮など)を受診し、紹介状を作成してもらって初診予約していただいたうえで受診するよう、お願い申し上げます。大変申し訳ございませんが、予約せずに紹介状なしで受診されますと長い待ち時間が予想されます。




2020年5月12日火曜日

【皮膚科】オンライン診療を開始します!

兵庫医科大学皮膚科医局では、オンライン診療を開始します!
(こちらから)

まずは、医局の関連施設である「えいご皮膚科」から始めて行きます。
オンラインコードは、 ab59 です。

大学病院本体はまだ対応しておりませんが、「えいご皮膚科西宮院」では、前・皮膚科主任教授の山西清文先生、または現・皮膚科病棟医長である永井諒先生の診察がオンラインで可能となっています。

現状、皮膚の様子を診断するには動画では解像度が足りず、写真をあらかじめスマホで撮影して送っておくという対応が必要なこともあります。

現在、大学病院はコロナウイルス対策にて発熱者は入館できず、また外来や手術も最小限に制限しており、大学病院皮膚科でしか診療できないような疾患に特化させていただいております。一般的な皮膚疾患は、(別にえいご皮膚科でなくても)まずは近隣の皮膚科を受診してくださるか、オンライン診療を利用していただきますよう、よろしくお願い申し上げます。なお、オンライン診療には限界があり、場合により実際の受診が必要になることもあります。


オンライン診療予約はこちら